保育士ママの絵本いっぱい育児日記 【妊娠・出産体験談】
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠・出産体験談18~なかなか寝ない赤ちゃん編~

保育士ママななみみの妊娠・出産は、
色々なことがありました。。。

子宮筋腫
逆流性食道炎
大きな病院へ転院
妊娠糖尿病
ウイルス性発疹
緊急帝王切開
母乳不足
なかなか寝ない赤ちゃん

そんな日々を乗り越え、今は・・・・・・
子どもの笑顔がパワーの源
日々成長する息子にしみじみと喜びを感じています

このブログがちょっとでも、
同じような境遇で悩んでいる方のお役に立てたら嬉しいです




なかなか寝ない赤ちゃんに苦戦し、
色々な方法を試してみたのでここに記しておきます。
赤ちゃんには個性があるので、合う合わないがあると思いますが、
この中からどれか1つでも効果が出たら嬉しいです

■おくるみで包み込む。
 きゅっと包まれることでお腹の中にいるような安心感が得られる。
 息子は手足をばたばたさせて即脱出。
 夏で暑かったのもあるかもしれません。

■エルゴで抱っこしてうろうろ。
 腱鞘炎寸前の時、重宝。
 フードで視界を遮った方が早く寝ました。
 高い入眠率ですが、お布団に置こうとすると起きてしまいました。
 夏だったので抱っこのし過ぎでお腹にあせもができてしまいました。
 
■添い乳。
 疲れ果てた時、寝て身体を休めながら授乳ができる。
 おっぱいが離れると泣き、またくわえて離して・・・いつ寝たか私も息子もわかりませんでした。
 結局は大丈夫でしたが、つぶさないかが心配でした。

■バウンサー。
 まだおんぶができない時など、家事をしながらゆらゆらできるので重宝。
 ただし、ぎゃん泣きになってからでは遅いので、早めに乗せておくと良いかもしれません。

■外へ出かける。
 図書館までお散歩、子育て支援センターで色々な人に会うなど、
 色々な刺激を受けた日は少しだけ寝つきが良かったような?
 出かけている最中は、エルゴやベビーカー、チャイルドシートにゆられて自然と寝られるので、
 ママも寝かしつけなきゃいけない時間が減って気が楽になるかも。

■抱っこしながらスクワット&家の中をうろうろ。
 息子は座ってゆらゆらでは立て~とぐずります。なぜバレるのか・・・。

■部屋を暗くする。
 朝は太陽の光が射し込み、夜は暗く。生活リズムをつけるのにやはり大切だったと思います。
 明るい部屋でゆらゆらするより早く寝ます。

■布団に置くタイミングを見極める。
 手がグー。
 手がパーになる。
 さらに、手に指を1本入れてもにぎらなくなる。
 顔をちょんちょんとつついてもピクリともしない。
 今もそれを確認してからお布団に置くようにしています。

■大抵は布団に置くと目覚めるので、覆いかぶさってトントンする。
 きゅっと包まれ、安心感を与える。
 その際両手を動かないようにガード。(3ヶ月頃からは指しゃぶりで寝る確率が高くなったので、その手は自由にさせておきました。)
 おでこ~眉間をやさしくさわさわ。自然と目が閉じる。
 寝たと思ってもすぐ離れるとピクッと起きてしまう。少しずつフェイドアウトする。

■どうやっても寝ない子は寝ないとある意味割り切る。
 寝ないのが当たり前、泣いているのが当たり前。
 その分、寝られた時、泣きやんだときにほめてあげる。

■「どうして寝ないんだろう?」「どうして泣いているんだろう?」
 と思ったらママは笑顔になっている?と自分に問いかける。


1~2ヶ月の頃は、母乳不足に加え、赤ちゃんも全然寝てくれず
壮絶な日々を過ごしていました。
あと1歩で育児ノイローゼや産後うつになっていてもおかしくなかったのかもしれません。

あの時期を乗り越えられたのは、実家に里帰りしていて色々な人に育児を助けてもらえたからだと思います。
そして、自宅に戻ってからは、仕事で疲れているはずなのに、
主人が積極的に息子の育児に協力してくれました。
“育児は大変だけど、やっぱり子どもは可愛い”
そう言ってくれる人の存在が大きかったのだと思います。

私の妊娠・出産は、
子宮筋腫
逆流性食道炎
大きな病院へ転院
妊娠糖尿病
ウイルス性発疹
緊急帝王切開
母乳不足
なかなか寝ない赤ちゃん
と色々なことがありました。

大変だったし辛かったけれど、だからこそ学びも多かった
息子が生まれてきてくれたこと、
日々の成長を心から嬉しく思います

人は1人では生きていけない
誰かの支えがあって初めて、笑顔になれる
周りの人への感謝の気持ちを忘れず、これからも育児を楽しんでいきたいと思います

これが私の妊娠・出産体験談。
少しでも誰かのお役に立てたら嬉しいです

~終わり~

★応援ぽちっ↓↓よろしくお願いします★

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ



スポンサーサイト

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠・出産体験談17~なかなか寝ない赤ちゃん編~

保育士ママななみみの妊娠・出産は、
色々なことがありました。。。

子宮筋腫
逆流性食道炎
大きな病院へ転院
妊娠糖尿病
ウイルス性発疹
緊急帝王切開
母乳不足
なかなか寝ない赤ちゃん

そんな日々を乗り越え、今は・・・・・・
子どもの笑顔がパワーの源
日々成長する息子にしみじみと喜びを感じています

このブログがちょっとでも、
同じような境遇で悩んでいる方のお役に立てたら嬉しいです




出産後の誤算は、母乳がなかなか出なかったこと。
そして、赤ちゃんがなかなか寝ないことでした。

げんごつやまのたぬきさん おっぱいのんでねんねして だっこしておんぶして またあした
とあるじゃないですか
なのにどうしておっぱいを飲んでも寝ないんだろう

「赤ちゃん なかなか寝ない」
と、とにかくネットで検索しまくり、あれやこれや寝かしつける方法を試しました。

でも、寝かしつけるのに7時間かかったこともありました。
おっぱいを飲んで、抱っこをしている時はすやすやなのに、
お布団に置くとぱっと目が覚めて泣いてしまう。
よし、置くのに成功したぞと思っても、5分10分すると起きてしまう。
また最初から、抱っこして寝かしつけての繰り返し。
ソファに座って抱っこをしたまま寝たことも多々ありました。

「どうして寝ないの?」
「どうして泣いているの?」
「ママのおっぱいが足りないの?」
出産後で体力も限界。
その時の私は、表情も暗く、無表情になっていたと思います。

色々な方法を試しましたが、一番はどうやっても寝ない子は寝ないとある意味割り切ったのが良かったのかもしれません。
寝ないのが当たり前、泣いているのが当たり前
寝ない
泣きやまない
おっぱいが足りない
「~ない」という否定の言葉を使うのを止めることにしました。

ちょっとでも寝られたら、起こさないようにそ~っと耳元で「えらかったね」と微笑み。
ちょっとでも泣きやんだら、「すごいね」と目を見てほめ。
おっぱいが張っているのを感じたら、「ママのおっぱいおいしいね」「たくさん飲んでくれてありがとう」
と些細なこともほめるようにしていったんです

そうするとマイナスよりもプラスの言葉が増えて
自然と私自身も笑える機会が増え
良いサイクルが回り出したんです

やっぱり赤ちゃんも、「どうして?なんで寝ないの?」と責められるよりも、
ママにほめてもらえている方が嬉しいですよね
ママの眉間のしわなんて見たくない
やっぱり笑顔が見たいですもんね

子どもは親を映す鏡
と言いますが、身をもって体感しました。

「どうして寝ないんだろう?」「どうして泣いているんだろう?」
そう思ったらママ自身は笑顔ですか?
を合言葉にしてみるのもいいかもしれません

★応援ぽちっ↓↓よろしくお願いします★

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ



テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠・出産体験談16~母乳不足編~

保育士ママななみみの妊娠・出産は、
色々なことがありました。。。

子宮筋腫
逆流性食道炎
大きな病院へ転院
妊娠糖尿病
ウイルス性発疹
緊急帝王切開
母乳不足
なかなか寝ない赤ちゃん

そんな日々を乗り越え、今は・・・・・・
子どもの笑顔がパワーの源
日々成長する息子にしみじみと喜びを感じています

このブログがちょっとでも、
同じような境遇で悩んでいる方のお役に立てたら嬉しいです




母乳不足は心の問題も大きいと思います。
桶谷式マッサージに行った時、「育児は楽しい?楽しくないでしょう?」
そう聞かれて思わず言葉に詰まってしまいました。。。

おっぱいが出ない自分。
なかなか寝てくれない赤ちゃん。
保育士の資格は持っているけれど、何の役にも立てられていない自分。

何もかもに自信が持てず、ダメだダメだダメだと自分を責めていました。
おっぱいも出ないのにママと呼ばれることにも何だか違和感があり、ママ失格とさえ思ったことがありました。
育児を楽しいと思える余裕なんて全くなかったのです。

でもおっぱいマッサージに行って、マシュマロのようなおっぱいになったり。
前搾りをするとぴゅーっと母乳が出るようになったり。
おっぱいが前より張ってくれるようになったり。
そんな変化を感じられるようになったことが嬉しくて。
さらにまた母乳の出もよくなって。

1~2ヶ月の頃の自分がうそのように、
今では自信を持って、育児が楽しいと言うことができます
もちろん大変なことも多いですが
日々、息子の成長を感じられるのが幸せな瞬間です

これは私の主観ですが、母乳不足に悩んでいるママほど、完全母乳へのこだわりが強い気がします。

子育て支援センターでたくさんのママさんに会っていますが、
完全母乳で育てているママさんは3~4割という印象を受けました。
逆に母乳が出なくて悩んでいた、おっぱいマッサージに行った、というお話の方がよく聞く気がします。

完全母乳が当たり前かと思っていたけれど、
ミルクと混合で育てているママさんがこんなにいるなんて、と肩の力がすっと抜けた気がしました。

さらに、私の場合は、完全母乳のママさんに混合がうらやましいと言われたことが転機だったと思います。
子どもを預けたり、風邪を引いてしまった時のためにミルクと混合で育てたかったけれど、
哺乳瓶を嫌がって飲んでくれないと。
完全母乳が上、それができない私は劣等生。
そんな気がしていたので、うらやましいと言われるなんて思っていなかったからです。

それ以来、私は完全母乳にこだわるのをやめました
日中は母乳、夜寝る前に1回ミルクをあげるようにしています。

最後に、母乳が出るように私が試したことを書いておきます。
・水分をたくさん摂る。
・たんぽぽ茶を飲む。
・ネットを参考にして、自己流おっぱいマッサージ。
・身体を冷やさない。
・桶谷式おっぱいマッサージに2回行く。
・頻回授乳。
・「おっぱいが出なくてごめんね」→「ママのおっぱいを飲んでくれてありがとう」
 マイナスをプラスの言葉に変える。
・おっぱいが出ない自分を責めない。
 ちょっとでも出るようになったことに自信を持つ。
 授乳の時間を楽しむ。育児を楽しむ。
・完全母乳がすばらしい、という意識を捨てる。
 子どもを預けられる、もし風邪を引いても安心、体重の増加も良好に保てる、栄養バランスも母乳だけより良いのではと思うようにする。

少しでも母乳不足で悩むママさんたちのお役に立てたら嬉しいです
いえ、もしかしたら母乳が足りないと自分で思い込んでいるだけかもしれません

★応援ぽちっ↓↓よろしくお願いします★

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ



テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠・出産体験談15~母乳不足編~

保育士ママななみみの妊娠・出産は、
色々なことがありました。。。

子宮筋腫
逆流性食道炎
大きな病院へ転院
妊娠糖尿病
ウイルス性発疹
緊急帝王切開
母乳不足
なかなか寝ない赤ちゃん

そんな日々を乗り越え、今は・・・・・・
子どもの笑顔がパワーの源
日々成長する息子にしみじみと喜びを感じています

このブログがちょっとでも、
同じような境遇で悩んでいる方のお役に立てたら嬉しいです




出産後の誤算は、母乳がなかなか出なかったことでした。
赤ちゃんが生まれたら、当然おっぱいが出るものだと思っていたし、
完全母乳で育てるものだと思っていたし、
周りからも母乳よく出そうだよねと言われていたからです。

ところが、病院で授乳前後の体重を計ると、
2、10、0、6、24、16
なんて文字が並んでいました。

帝王切開だからスロースタート・・・と思おうとしていたのですが、
1ヶ月経ってもなかなか出ていない。
授乳後え、終わりという顔をして目がらんらんとしていたり、ぎゃんぎゃん泣いて寝なかったりするのに、
ミルクだと割とすっと寝られて、しかも長く寝てくれる。

自分のおっぱいに自信が持てず、
「おっぱいが出なくてごめんね」そんな思いでいつも授乳をしていました

新生児訪問に来てくださった助産師さんは、
「あっけらかんとした性格の人の方がおっぱいが出るのよ。」とおっしゃっていました。
確かにそうかも・・・
でも今さら私の性格は変えられないし。。。

そんな時、ブログで「:Hanami: のちぃさな道草」の:Hanami:さんに、
桶谷式マッサージの存在を教えていただきました。
(ブログ記事はこちら

すがるような思いで行ったおっぱいマッサージ。
本当に噴水のようにおっぱいが出てきてビックリ
助産師さんに「おっぱい出るじゃない大丈夫。これなら母乳だけでいけるわよ。自分で思い込んでいるだけ。」
そう言っていただいたのが自信になりました

結局おっぱいマッサージに行ったのは2回だけでしたが、
夜寝る前に1回ミルク、それ以外は母乳でできるようになりました。

今は授乳の時間が、息子の温もりを感じられる大切な時間になっています
とっても愛おしいです

今思えば、「おっぱいが出なくてごめんね、ごめんね」なんて思いながら授乳していたら、
やっぱりおっぱいは出ないですよね

おっぱいが出ない
泣きやまない
寝ない
ないないないの否定が重なってしまって、負のオーラの悪循環になっていたのだと思います。

今は、プラスの言葉をたくさん使うようにしています
「おっぱいおいしいね」
「たくさん飲めてすごいね」
「ママのおっぱい飲んでくれてありがとう」

授乳は母と子のかけがえのない時間
大切にしていきたいと思います

★応援ぽちっ↓↓よろしくお願いします★

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

★「忍者AdMax」ぽちっ↓↓よろしくお願いします★



テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠・出産体験談14~緊急帝王切開編~

保育士ママななみみの妊娠・出産は、
色々なことがありました。。。

子宮筋腫
逆流性食道炎
大きな病院へ転院
妊娠糖尿病
ウイルス性発疹
緊急帝王切開
母乳不足
なかなか寝ない赤ちゃん

そんな日々を乗り越え、今は・・・・・・
子どもの笑顔がパワーの源
日々成長する息子にしみじみと喜びを感じています

このブログがちょっとでも、
同じような境遇で悩んでいる方のお役に立てたら嬉しいです




6月30日(月)エコーの結果、羊水は更に減ってカラカラ寸前。
羊水過少症による緊急帝王切開で出産することになりました。

子宮筋腫があり、当初から帝王切開での出産の可能性が高かったので、
事前にネットなどで情報を見て心構えをすることができたのが良かったのかもしれません。

手術、術後共に想像していたよりは痛くはなかったように思います。

これから先、帝王切開で出産されるかもしれない方がいらっしゃれば、
自分が想像しうる限り、痛さを想像しておくことをオススメします
私はとても怖がりなので、痛さで切り裂かれる~ぐらいの想像をしたりしていました
そうすれば、もっともっと痛いと思っていたけど、この程度なら我慢できるかもとなるかもしれません

ちなみにリサーチ不足だったのが点滴
私は血管が細すぎて、刺すのに何回も失敗され、他の看護師さんが呼ばれ、
点滴がもれてはれて交換をせざるを得なくなり、内出血をして、結局9回も刺し、退院後1ヶ月も跡が残り・・・
と散々でした
点滴でこんなに苦戦するとは思わなかったので、
むしろ帝王切開の痛みよりも辛かったです

6月30日(月)14時19分
2854gの男の子誕生

産声がとても大きくて、手術室の先生方が「とっても大きな声ね~」と言っていました。
産声を聞いた瞬間、涙がこぼれました。

初めて私の指をきゅっとにぎってくれたこと。
左目を一生懸命開けようとしていたこと。
小さな手の温もり。
これは一生忘れないと思います

子宮筋腫妊娠糖尿病ウイルス性発疹・・・
いっぱいいっぱい迷惑をかけてごめんね。
でも、元気に生まれてきてくれて本当にありがとう

手術翌日、赤ちゃんを抱っこしたくて、おっぱいをあげたくて、
一生懸命歩く練習をしました

腕の中にすっぽりおさまる小さな命。
ずっと会いたかった・・・・・・
これからはパパとママが大切に大切に育てていくからね

★応援ぽちっ↓↓よろしくお願いします★

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

★「忍者AdMax」ぽちっ↓↓よろしくお願いします★



テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

プロフィール

保育士ママななみみ

Author:保育士ママななみみ
2014年6月に男の子を出産♪
幼児教室・読書教室で働いていた保育士ママななみみが、
オススメ絵本などを紹介する育児日記ブログです☆
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング
応援ぽちっ↓↓
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

スポンサー
★人気絵本ランキング★
子育てママ応援♪♪
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カウンター
QRコード
QR
検索フォーム
リンク
当ブログはリンクフリーです♪
スポンサー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。