保育士ママの絵本いっぱい育児日記 ~大きな病院へ転院編~
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠・出産体験談10~大きな病院へ転院編~

保育士ママななみみの妊娠・出産は、
色々なことがありました。。。

子宮筋腫
逆流性食道炎
大きな病院へ転院
妊娠糖尿病
ウイルス性発疹
緊急帝王切開
母乳不足
なかなか寝ない赤ちゃん

そんな日々を乗り越え、今は・・・・・・
子どもの笑顔がパワーの源
日々成長する息子にしみじみと喜びを感じています

このブログがちょっとでも、
同じような境遇で悩んでいる方のお役に立てたら嬉しいです




子宮筋腫の位置が悪く、転院することを余儀なくされてしまった私。
転院先の病院を決めるのには苦労しました。
子宮筋腫でずっと通っていた病院でそのまま出産を、と考えていたので、
他の産院を調べたりしていなかったからです。

先生には、県内の周産期母子医療センターがある病院をすすめられました。
でも、自宅から1時間かかるなじみのない場所。
それならばと、実家近くの大きな病院へ里帰りして生むことにしました。
(元々出産後は1ヶ月位実家に里帰りをする予定だったので、それが早まったと思うようにしました

NICUもある大きな病院なので、
もし自然分娩が可能になったとしても立ち合い出産はできません。
転院する=立ち合い出産をあきらめること。。。
覚悟が必要な転院でした。

でも、自分が生まれた病院でもありましたし、
NICU、周産期母子医療センターがあります
子宮筋腫合併妊娠ハイリスク妊婦の私は心強さも感じていました

リスクの高い妊婦さんには、県内、もしくは実家近くの大きな病院の下調べをしておくことをおすすめします
私は妊娠7ヶ月になって急に転院せざるを得なくなってしまったので、
新しい病院を探すのに、労力も気力も使いました

急に容体が悪化して大きな病院に運ばれることもあるかもしれない。
転院をしなければならないかもしれない。
そう思って事前に準備をしておくことで、もし何かあった時でも心が受け入れやすくなるかもしれません

★応援ぽちっ↓↓よろしくお願いします★

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

★「忍者AdMax」ぽちっ↓↓よろしくお願いします★



スポンサーサイト

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠・出産体験談9~大きな病院へ転院編~

保育士ママななみみの妊娠・出産は、
色々なことがありました。。。

子宮筋腫
逆流性食道炎
大きな病院へ転院
妊娠糖尿病
ウイルス性発疹
緊急帝王切開
母乳不足
なかなか寝ない赤ちゃん

そんな日々を乗り越え、今は・・・・・・
子どもの笑顔がパワーの源
日々成長する息子にしみじみと喜びを感じています

このブログがちょっとでも、
同じような境遇で悩んでいる方のお役に立てたら嬉しいです




子宮筋腫合併妊娠ということもあり、妊娠初期も中期も後期も、とにかくお腹が張っていました。
妊娠が判明した時に安静指示が出ていたので、無理はしないようにしていましたが、
買い物に行ってもちょっと歩けばお腹が張る
なので、こまめに座って休憩をするようにしていました。

14週~20週頃、子宮筋腫の変性で激痛をおこして入院する方もいらっしゃるそうです。
私は幸いにも激痛にはなりませんでした。

ところが、妊娠7ヶ月に入って行った健診で、
子宮筋腫の位置が悪いと言われてしまいました。

これから赤ちゃんも子宮も大きくなるから、子宮筋腫の場所も動くだろうけど、
今のままの位置だと分娩障害になって自然分娩ができないだろう。
しかも、帝王切開をしようにも、丁度帝王切開で切る場所に子宮筋腫がある。
そうなると、大きな病院にいってS字など特殊な切り方で手術をする必要がある。
周産期母子医療センターがあるような大きな病院への転院をすすめられてしまったのです

それまでは、家の近くの病院で自然分娩
タイミングが良ければ主人に立ち合いもしてもらいたいな
なんて考えていたのですが。
自分が子宮筋腫合併妊娠ハイリスク妊婦であることを痛感した瞬間でした。

自然分娩で産めないだろう自分。
主人に赤ちゃんが生まれる瞬間を見せられない自分。
それが悲しくて、ふがいなくて、泣いてしまいました・・・

でも、どんな形であれ赤ちゃんがとにかく無事に生まれてきてくれることが大事
そう思って、転院することを決意しました

その際、帝王切開を経験した友達や、ネット上での経験者の方の声が支えになりました。
日本では「自然分娩できなかった」「帝王切開になっちゃった」と自然分娩主義になっているけれど、
無事に生まれてきてくれれば、その後は自然分娩であれ帝王切開であれ成長には変わりない、と
気にするのはママの心次第なんだなと学ぶことができました

★応援ぽちっ↓↓よろしくお願いします★

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

★「忍者AdMax」ぽちっ↓↓よろしくお願いします★



テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

プロフィール

保育士ママななみみ

Author:保育士ママななみみ
2014年6月に男の子を出産♪
幼児教室・読書教室で働いていた保育士ママななみみが、
オススメ絵本などを紹介する育児日記ブログです☆
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング
応援ぽちっ↓↓
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

スポンサー
★人気絵本ランキング★
子育てママ応援♪♪
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カウンター
QRコード
QR
検索フォーム
リンク
当ブログはリンクフリーです♪
スポンサー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。