保育士ママの絵本いっぱい育児日記 ~ウイルス性発疹編~
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠・出産体験談12~ウイルス性発疹編~

保育士ママななみみの妊娠・出産は、
色々なことがありました。。。

子宮筋腫
逆流性食道炎
大きな病院へ転院
妊娠糖尿病
ウイルス性発疹
緊急帝王切開
母乳不足
なかなか寝ない赤ちゃん

そんな日々を乗り越え、今は・・・・・・
子どもの笑顔がパワーの源
日々成長する息子にしみじみと喜びを感じています

このブログがちょっとでも、
同じような境遇で悩んでいる方のお役に立てたら嬉しいです




妊娠糖尿病と診断された次の日。
お腹の妊娠線が赤くただれ、かゆみが出てきました。

翌日には手や足に赤いぽつぽつが。
さらに首、腕、背中、腰、脚・・・と顔以外の全身に広がっていきました。

小さな赤いぽつぽつ。
蚊に刺されたように赤くぷくぷくっと大きくなって。
周囲と重なってでこぼこと紫色がかったふくらみに。

6月のムシムシした頃だったので、シャワーを浴びた後、身体があたたまっている時が特にかゆかったです。
すさまじいかゆさに、夜も何度も何度も目が覚めました。

最初は「妊娠性痒疹かな?妊娠すると皮膚トラブルが多くなるんだ。」
とおっしゃっていた産婦人科の先生でしたが。
これはおかしいと皮膚科の先生と連携して治療を進めていくことに。

「ウイルス性発疹」と言われました。

数えきれないほどのウイルスがあり、今回の血液検査ではどのウイルスが悪さをしたかはわかりませんでした。
妊娠したり、ストレスが溜まって免疫が下がっていたために、
普段は体内にいてもやっつけられるウイルスが悪さをしてしまったようです。
大抵は「熱」の症状で出ることが多いのですが、私の場合は全身の発疹になってしまったようです。

妊娠糖尿病となり、食事制限、1日6回の血糖値測定、1日3回のインスリン注射をしていた私。
さらにウイルス性発疹の塗り薬を2種類1日3回ずつ全身に、計6回。

病院に入院していると、1日何をして過ごしたらいいのか・・・というイメージでしたが、
私の入院生活は妊娠糖尿病ウイルス性発疹との闘いでめまぐるしい日々でした

今まで皮膚のトラブルとは無縁だった私。
かゆみがこれほどまでに辛いとは思いませんでした
これから出産という痛みが待ち構えているのに、痛みとかゆみのダブルパンチだなんて考えられない
必死で塗り薬を塗っていました

幸いにも、息子を出産する時にはだいぶかゆみの症状も落ち着いていました
紫色のでこぼこも、茶色、そして薄い茶色へと変化。
パジャマから出ている手や足は、近くで見ないとわからない程度に。

出産後に息子と写真を撮る時に、発疹だらけなんて嫌だったので、
本当に良かったです

大きな病院に転院して、妊娠糖尿病は内分泌科、ウイルス性発疹は皮膚科、赤ちゃんは産科と、
それぞれの先生が連携して診てくださったおかげだと思います
妊娠中は何が起こるかわからない。
それを痛感すると共に、大きな病院の安心感に助けられました

1ヶ月以上にわたる入院生活。
妊娠糖尿病にウイルス性発疹と散々でしたが。

里帰り中の両親が毎日のようにお見舞いに来てくれて話相手になってくれたり
2時間かけて毎週末主人が会いに来てくれたり
家族の支えがあったから頑張れたんだと思います
本当にありがとう

★応援ぽちっ↓↓よろしくお願いします★

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

★「忍者AdMax」ぽちっ↓↓よろしくお願いします★



スポンサーサイト

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

プロフィール

保育士ママななみみ

Author:保育士ママななみみ
2014年6月に男の子を出産♪
幼児教室・読書教室で働いていた保育士ママななみみが、
オススメ絵本などを紹介する育児日記ブログです☆
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング
応援ぽちっ↓↓
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

スポンサー
★人気絵本ランキング★
子育てママ応援♪♪
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター
QRコード
QR
検索フォーム
リンク
当ブログはリンクフリーです♪
スポンサー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。