保育士ママの絵本いっぱい育児日記 節分の絵本
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は節分『おにはそと』

今日は節分ですね
みなさんはどう過ごされるのでしょうか
パパが鬼役で豆まき
家族揃って恵方巻

今回は節分にピッタリの絵本をご紹介します

詳細は↓↓をクリックしてみてくださいね



『おにはそと』
作・絵: せなけいこ
出版社: 金の星社

対象年齢
3歳

あらすじ
豆まきをして、鬼たちは逃げ出しましたが、ちび鬼は逃げ遅れてしまいます
ところが、人間の子どもたちと仲良くなったのです
鬼の親分は、我が子のちび鬼を連れ戻そうと鉄のよろいを着てやって来ます……

同じ作者の本
同じ作者の本を読むことで、
本の幅や視野を広げることができます


オススメポイント
鬼が怖いと思っているお子さんにもオススメです

親分が我が子を助けようと頑丈な鉄のよろいを作っているかと思えば、
ちび鬼は、すっかり人間たちと仲良くなっていて

一緒に豆まきまでしているし(笑)
チャーミングなお話です



幼児教室で働いていた時、鬼役をしたのを思い出します
ま~見事に泣いてくれました(笑)

勇気をふりしぼって退治しようと立ち向かう子がいたり
先生にしがみついて離れない子がいたり
教室から脱走を試みたり

息子は大きくなったらどんな反応をするのでしょうか

★応援ぽちっ↓↓よろしくお願いします★

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ



スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

心優しい鬼の物語『ないた赤おに』

もうすぐ節分
鬼が怖くて怖くて……
というお子さんもいらっしゃるのでは

今回は、心優しい鬼の物語をご紹介します

詳細は↓↓をクリックしてみてくださいね



『ないた赤おに』
作: 浜田廣介
絵: いもとようこ
出版社: 金の星社

対象年齢
6歳

あらすじ
心優しい赤鬼は、人間と仲良くしたいと思っていました
友達の青鬼は、村で暴れるから自分をやっつけろ、そうすれば人間は安心して赤鬼と仲良くしてくれると提案します
自ら悪役をかって出たのです
村人たちは赤鬼に心を開いてくれました
ところが、青鬼の家に行ってみると姿が見えません……

関連グッズ
違う出版社からも出版されています
文の表現や絵の違いを比べてみるのもいいですね


オススメポイント
教科書にも採択された、有名なお話です

友情
犠牲
孤独
失って初めて気付くもの
心の優しさ
想いやり
……

とにかく深みのある絵本です



このお話を読み終わった後、
自分が赤鬼だったらこの後どうする
青鬼だったらどうしていた

とぜひお子さんに聞いてみてください
正解なんてありません

きっと“友達”について真剣に考えることができるはずです

違う人の立場になって気持ちを考えること……
それが想いやりを育むと信じています

★応援ぽちっ↓↓よろしくお願いします★

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ



プロフィール

保育士ママななみみ

Author:保育士ママななみみ
2014年6月に男の子を出産♪
幼児教室・読書教室で働いていた保育士ママななみみが、
オススメ絵本などを紹介する育児日記ブログです☆
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング
応援ぽちっ↓↓
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

スポンサー
★人気絵本ランキング★
子育てママ応援♪♪
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
QRコード
QR
検索フォーム
リンク
当ブログはリンクフリーです♪
スポンサー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。