保育士ママの絵本いっぱい育児日記 冬の絵本
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お遊戯会の定番『てぶくろ』

みなさんのお子さんは、学芸会やお遊戯会で何のお話をやりましたか
「おおきなかぶ」
「どうぞのいす」
たくさんありますよね

今回はお遊戯会の定番で、寒い冬にもピッタリの絵本をご紹介します

詳細は↓↓をクリックしてみてくださいね



『てぶくろ』
作: (ウクライナ民話)
絵: エウゲーニー・M・ラチョフ
訳: 内田莉莎子
出版社: 福音館書店

対象年齢
3歳

あらすじ
雪の降る日、犬と歩いていたおじいさんは手袋を片方落としてしまいました
ねずみがやって来て、手袋の中に入りました
「わたしも入れて」「どうぞ」かえるも入りました
うさぎ、きつね、おおかみ、いのしし、くま・・・・・・
手袋はもうぎゅうぎゅうづめ
その頃おじいさんは手袋がないことに気が付きました
「わん、わん、わん」と犬の鳴き声にみんなびっくり
動物たちは手袋から出て森のあちこちへ逃げて行きました

オススメポイント
「入れて」「どうぞ」のくりかえしでリズムがあってわかりやすく
色々な動物が出てくるので、クラスの人数によって動物たちを増減できる

学芸会やお遊戯会の定番となっているお話です
幼稚園や保育園で見た、という方もいらっしゃるかもしれませんね



「入れて」「どうぞ」ってとっても大切な言葉ですよね

NHK「すくすく子育て」で対人関係について取り上げた回がありました
子どもたちがお友達の輪に入っていく時に、
この「入れて」という言葉が言えるかどうかがキーになるというお話がありました

勇気を出して「入れて」
優しい心で「どうぞ」
そんなやり取りができる子に育ってほしいなぁと思います

★応援ぽちっ↓↓よろしくお願いします★

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ



このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

冬にピッタリの絵本を読もう『ゆきのひのころわん』

子どもの頃から「ころわんシリーズ」が大好きな保育士ママななみみ
(ブログ記事はこちら

今回は寒い季節にぴったりの絵本をご紹介します

詳細は↓↓をクリックしてみてくださいね



『ゆきのひのころわん』
作: 間所ひさこ
絵: 黒井健
出版社: ひさかたチャイルド/チャイルド本社

対象年齢
2歳

あらすじ
雪の日、ころわんはお友達のちょろわんと一緒に楽しく遊んでいました
すると、てぶくろが落ちているのを見つけました
そうだ足跡をたどってみよう
持ち主は誰かな

同じシリーズの本
同じシリーズの本を読むことで、
子どもたちもどんどん絵本に夢中になれます


オススメポイント
先日、初めて雪を見た息子
これはピッタリと思って図書館で借りて読みました


日本には素敵な四季があります

外にお散歩に行って、季節を感じて
絵本を通して、季節への理解を深めて
そんなふうに色々な角度から、五感をフル活用できたらいいですよね

例えば「冬」だったら・・・・・・

雪だるまを作ったり
バケツにはった氷を見たり
クリスマスやお正月の行事を楽しんだり

図鑑で冬眠のことを調べてみたり
どうして氷ができるのか調べてみたり
おせちや干支の絵本を読んだり

私も息子が大きくなったら、たくさん経験させてあげたいなと思っています



本屋さんや図書館で、冬の絵本探しなんてことも楽しそうですね
ぜひ季節や行事の絵本を読んでみてくださいね

★応援ぽちっ↓↓よろしくお願いします★

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ



このエントリーをはてなブックマークに追加


プロフィール

保育士ママななみみ

Author:保育士ママななみみ
2014年6月に男の子を出産♪
幼児教室・読書教室で働いていた保育士ママななみみが、
オススメ絵本などを紹介する育児日記ブログです☆
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング
応援ぽちっ↓↓
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

スポンサー
★人気絵本ランキング★
子育てママ応援♪♪
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
QRコード
QR
検索フォーム
リンク
当ブログはリンクフリーです♪
スポンサー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。